坐骨神経痛の症状・原因

坐骨神経痛は軽い腰痛の症状が悪化したときによく起こります。
また症状には

・椎間板ヘルニア
・すべり症
・脊柱管狭窄症
・分離症


などの重い腰痛でも症状として見られます。

腰に問題があるために起こるのですが、痛みはお尻の辺りにでます。
それはお尻の周辺の坐骨神経がもとをたどると腰の背骨周囲にある神経と合わさっているからなのです。

坐骨神経痛の治療法

治療の基本は、

・ 左右バランスを整える。

・ 硬くなった筋肉を緩める。

・ 歪んだ姿勢・骨格を正す。

の3点です。

当院の施術法は腰痛の痛み、症状の度合いに対応してストレッチ、運動療法など
筋肉を緩める施術を行います。

また姿勢を正しく矯正するための背骨・骨盤矯正コースもあり独自の施術メニューを行い
即効性なる治療を行っていきます。