そのズキッ・・(痛み) そのビリッ・・(しびれ) もしかしたら“むち打ち症”かも!?

みなさまは「むち打ち症」とはどういった症状かご存知でしょうか?
むち打ちという言葉を一度は聞いたことはあってもなかなかその症状については理解されていません。

「むち打ち症」の特徴としては交通事故などで当初病院を訪れ、MRIやレントゲン検査を受けたが骨に異常なしといった診断が下り鎮静剤や

湿布などを処方されてだけで終わってしまいその後、次第に首から背中にかけてハリや腰痛そして足のしびれなど、広範囲にわたって症状が現れてきます。

お客さまが交通事故などからこちらのような悩みでお困りではないでしょうか?

  • ひどいコリや頭痛
  • 首や腰の痛み
  • 強い疲労感
  • 手足のしびれ

これらの症状でお悩みなら、ぜひ一度当院へお越しください。どうして痛みやしびれが起こっているのか、根本から究明してお一人お一人にあった治療を施し、身体を正常な状態へと導きます。

これならの症状でお悩みの方は一人一人にあった治療が必要ですので
悩まずにまずは当院にお気軽にご相談ください。

ナニ? ナゼ??「むち打ち症」のメカニズムを解明。

そもそも「むち打ち」とはいったい何なのでしょう?
そして、何故どのように「むち打ち症」になるのでしょう?

直接の原因には、

  • 外からの強い衝撃
  • 身構えることのできないような速い衝撃
  • 不意を突かれた状態での衝撃

などがあります。

これらは日常の中で頻繁に起こることではありませんが、
代表例としてよく知られているのが交通事故による「むち打ち損傷」です。

むち打ちによる外傷は、急に襲ってくる首への衝撃を筋肉がそのショックを和らげるための防御をすることが
できないために、頸椎(=首の骨)に直接ダメージを与えてしまうのが最大の点です。

そのことが原因で首の痛みや腕・手のしびれといった症状になってあらわれます。

首は通常ならやや前項していますが急な衝撃が首に加わったことが原因で真っ直ぐな首(ストレートネック)という
状態になってしまうケースもあります。

この状態になると次第に背中のハリ感や腰痛、肩の痛み、頭痛、吐き気などが
極度の緊張状態のために全身に症状がでてきてしまいます。

「むち打ち症」は原因や症状別で、4種類のタイプに分けられます。

1. 頸椎捻挫型

首の周りの筋肉、靱帯の捻挫によって出る症状。
首を動かすと痛みあり、首や肩の動きが制限されることもあります。

2. 根症状型

脊髄から枝分かれした神経が圧迫されて出る症状。
しびれ、腕や手の痛み、後頸部の痛み、だるさなど。咳やくしゃみ、いきんだ時、また肩や首を一定方向へ動かした時(多くは首をそらした時)に症状が強くなります。

3. バレ・リュウー症状型(後部交感神経症候群)

脳に栄養を送る椎骨動脈の血流低下に伴う症状。
頭痛、眼精疲労、めまい、耳鳴り、目のかすみ、吐き気など。声のかすれ、喉の違和感、胸部の圧迫感が出ることもあります。

4. 脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)

髄液圧が急上昇した際にクモ膜が裂け、脳脊髄液が減少して起こる症状。
気圧変化と天候によって症状が変化します。安静にしていると自然治癒することが多いのも特徴です。当院で治療させていただきました患者様の中でも、これらのタイプが複合的に出ているケースが多く、その大半はレントゲンやMRI等の検査では判明できないようです。

たかが「むち打ち」、されど「むち打ち」そのまま放っておくとコワイことに。

初期段階では首・肩のハリ感や軽度の疲労感だけであったとしても、次第に腕や手のしびれ、腰痛、めまい、頭痛、脚のしびれ等、様々な症状を引き起こしかねません。そしてそのまま放置すると、こうした症状が全身化、もしくは慢性化。中には受傷後から長期間、最悪の場合は数十年経っても症状が治まらないと訴える方もいます。

しばらくしたら良くなるだろう・・とか、無理さえしなければ大丈夫・・とか、「むち打ち症」についての勝手な思い込みはとても危険です。

今、このページをご覧になっているあなた、あるいは、あなたのご家族やお知り合いで以下のような症状をお持ちの方は要注意!

  • 自動車やオートバイなどに追突されて数日間は無症状だったが、最近になって首・肩にハリ感が出てきた。
  • 顎に違和感や痛みがある。または口が開けづらい。
  • 首を動かした時に筋が突っ張る。
  • 首や肩が熱っぽい。
  • 手や足にしびれ、またはだるさがある。

もしこのように思い当たることがございましたら、ぜひ一度当院へお問い合せください。

首だけでなく全身をチェック。手技中心のトータルな「むち打ち症」治療。

まず「むち打ち症」は炎症症状を引かせるための治療が受傷直後には必要です。
また傷ついた筋肉や靭帯の回復にも努めないといけません。 当院では炎症が完全に治まるまでは無理にストレッチを行ったり、強いもみほぐしや首の牽引等は決して行ってはいけません。 通常は頸部固定コルセットを施します。

「むち打ち症とは首だけの問題にあらず!」

強い衝撃が首に加わったときの影響は首だけにとどまらず、 多くの場合衝撃時に強くハンドルを握るなどして肩や手首、また背中や腰などにもダメージがあります。 それらが原因となる全身の歪みや筋肉の偏りが神経の圧迫や血行不良を招き、肩こり・腰痛・頭痛・疲労感といった様々な不定愁訴が引き起こされます。

こういった全体を包括的に診断、施術するのが、むち打ち症治療にあたるうえでの当院の基本ポリシーです。

当院ではこうした不定愁訴を長期慢性化させないよう、外傷症状(炎症)が治まったと判断した後は全身の調整を基本とし、首以外の関節や筋肉の機能回復・柔軟性アップをサポート。 手技療法を中心に施しながら、自然治癒力を高めて快復を目指します。

「むち打ち症」治療の疑問あれこれ。ここで、すっきり解決!

治療内容は?

整骨、マッサージ、理学療法、超音波、また患者様の症状によってはコルセットやテーピングなど首の固定や筋肉の働きを助けるような補助が必要な場合もございます。

お一人お一人の症状に合わせて施術を組み立てていきます。

治療費は?

交通事故の場合、自賠責保険や各種任意保険によって治療費が賄われますので、治療費は¥0(ゼロ)です。
(交通事故の示談後にご来院された場合は健康保険適用の治療内容と自費治療の内容がございますので、お気軽にご相談ください。)

自損事故でもかかれますか?

加入されている損害保険会社との契約内容により異なりますが、ご負担¥0で受診できる場合がございますので、契約内容をご確認ください。

事故の加害者でも受診できますか?

過失の割合によって異なりますので、まず相手保険会社にお問い合せください。

現在、病院に通院しているのですが、同時に受診することはできますか?

他の病院に通院しながら当院で治療を受けることも可能です。当院で治療を受け、病院で定期的にフォローアップされている患者様も大勢いらっしゃいます。

治療は痛くないですか?

むち打ち症の場合、痛みが強い箇所は炎症を起こしていることが多く、そこを無理に押したり、伸ばしたりすることはありません。ですので、治療による痛みの心配はまずありません。むしろ、心地よいと仰ってくださる患者様が大半です。